Yatai Bar

“It doesn’t matter. IT DOESN’t MATTER! He used it as a jumping board!
The Jaguar’s higher and it’s too late for Warheads.
And he… lands an elbow, MIDAIR!”

「あぁーっとなんとー、踏み台に使った!もうこの高度ではウォアヘッズには無理だ!ジャガー高い。ジャガー高いぞ!そして空中で… エルボー!」

“The two falling straight down, and BOOM! Onto the arena like a meteor!”
“Oh man! Oh man… listen!”

“Jaguar, Jaguar!”

“There ya go, hear the fans shouting? Rising Jaguar’s insane Ping Pong jump maneuvering in midair. No match, absolutely no match even with those boosters. Just unbelievable.”

「そこから急降下だ。メテオストライーック!アリーナ直撃!」
「これは凄いぞ。おおっと!」

『ジャガー!ジャガー!』

「客席からはジャガー·シャウト。空中でピンポン·ジャンプを繰り出すライジング·ジャガー。これではもはやブースターによる飛行では追い着けない。凄い展開だ。」

“Those updates are too heavy man.”
“Warhead’s always been like that. It’s the parts, not the fight.”
“They need to calibrate it better for the match. I mean it looks cool, but.”
“The sponsors like it. I’ll have another one Tencho.”
“Yeah me too. Oh and some barbecue tusks.”

Men sit at the counter of the yatai bar at night drinking as they follow the arena fights over the monitor screen.

The announcer’s voice continues excitedly .

“Looks like one of the wings is bent. I don’t think the jets are gonna work anymore. The strategy has to change for Lord Of Warheads now, and the Jaguar’s crouched again. He’s ready to strike.”

“You want some of my tusks Baker?”
“… maybe.”

「あれじゃ重すぎだろ。」
「ウォアヘッズはいつもあんなもんだ。ファイトよりパーツの方をとるな。」
「せめて試合に合うように調整くらいしてほしいよな。見た目はいいけど。」
「スポンサーOKなんだろ。テンチョウもう一杯。」
「あ、俺も。あとバーベキュータスク一丁。」

夜の屋台で酒を飲みながらアリーナ戦をモニター越しに観戦する男たち。

興奮した声で実況が続く。

「おっとハネが片方曲がったようだ。もうジェット戦闘は無理か?ロード·オブ·ウォアヘッズ作戦変更を余儀無くされる。一方でジャガーはすでに身構えてるぞ。」

「タスクちょっと喰うか、ベイカー?」
「… そうだな。」

Baker lights a cigarette and adds to the smoke filled air Salamander had already created.

“The Jaguar’s grabbed it! He’s going to pull it down to its knees. The beast tamer, mojiu jiu-jitsu!”

“They’re gonna stop it before the hit points hit zero.”
“Yeah, well that’s obvious. I just wanna see a good match.”

“Oh my gosh look at all that smoke! It’s so colorful. Sal! How many are you smoking now? That’s cra-zee.”

Polygon walks up from the neon night scene stretched across the bar.

“How you want it babe?”
“Cooked rea-lly good. Really good with ginger. Please.”

Tencho turns on the blow torch as she prepares to barbecue scarbo(mutated rabbit) tusks.

タバコに火を点けるベイカー。吐いた煙が既に辺り一帯を覆うサラマンダーの煙と同化する。

「ジャガーが掴んだ!このまま地面まで抑え込めるか?出たぞ必殺猛獣柔術!」

「ヒットポイントがゼロになる前に止めるだろうな。」
「そりゃそうだろ。まぁいい試合さえ見れれば俺はそれでいい。」

「わ〜見て〜。すごい煙〜!きれ〜い。サル!もう何本吸ってんのよ、変態。」

屋台の向こう、ネオン街からポリゴンがやって来る。

「どんな感じがいいの?」
「あ、バッチシ焼いてください。ショウガ付きで。」

テンチョウは火炎放射器を点け、スカルボ(ミュータント化した兎)の牙のバーベキューの準備をし始めた。

BACK