Mural On The City Walls

Almost every other step is coupled by splashes of water from the wet damp concrete streets. A runner is nearing a figure holding paint brushes looking at the city wall seeming to be contemplating about his work in progress.

“Aren’t you cold?”

The runner slows down, as she catches her breath and approaches him.

He replies.
“You’re not.”

濡れたコンクリートの上を一人のランナーが通り抜ける。一歩一歩水しぶきが飛ぶ中、やがて絵筆を持ち一人佇む青年に近づいた。街の高壁を見ながら彼は自身の作品についてモノお想いにふけっているようである。

「寒いっしょ?」

立ち止まったランナーが息を整えながら彼に声をかける。

間を置いて彼が答えた。
「いや、プロトが寒くないってのはよく伝わってくる。」

With a small smile, she continues.
“It was a lot warmer under the…”

Standing next to Cyan, Prototype looks up at the floating aerial district in the sky. The gas emitting from underneath makes the grey winter air look denser.
“… them.”

“Yeah. But I don’t like going under them right now. It gets too crowded on the streets. You know, cause of the temperature. The guys and I, we all avoid it this time of the year, but mostly to time it with the cleaning bots.”

In the distance a bot is seen erasing the graffiti on the wall.

“I see.”

Without averting his stare off of the wall, Cyan asks.
“Have you been up there?”

Prototype looks up again at the giant machinery amidst the clouds.
“You mean there? I have.”
“What did you think of it?”
“I don’t know.”
“People I know that’s been there think it’s really nice.”
“Why? What do you think? Have you been up there?”
“I guess… I guess It’s clean and organized. We could use a little bit of that down here too, but I like it better here, I think. So what do you think?”

Prototype looks at Cyan, then follows his gaze to the mural he was creating.

少し微笑んだ彼女。
「やっぱ下の方はさ…」

サイアンの隣りに立ち、宙に浮かぶ空中区を見上げるプロトタイプ。その下部から放出される気体が辺り一帯の冬のグレイをより濃くしていた。
「… 暖かかったよ。」

「うん。でもこの時期、あの下の方で描くのは避けてる。暖かいから人集まるじゃん。ま、掃除ボットのタイミングの方をむしろ俺たちは気にしてるんだけどね。」

遠くでボットが壁のグラフィティを消している。

「そっか。」

壁から目線を離さずサイアンが訊く。
「行ったことあるの?」

雲の中で大きな影と化した機械の塊を再び見上げるプロトタイプ。
「空中区でしょ?うん、ある。」
「どうだった?」
「うん、わかんない。」
「俺の知ってる連中で行ったことある奴らはみんないいトコロだって言ってたよ。」
「そう?なんで?サイアンはあるの?」
「… んー、きれいで整ってたかな。ここもちょっとは見習ってもいいとは思うけど俺は下界が好きかな。で、プロトどう思う?」

サイアンを一目見た後、彼が描いていた壁画に目を移すプロトタイプ。

“I like it. Are they… fish?”
“Haha. I guess you’re kinda right.”
“Then what is it?”
“I don’t know it’s not done yet. Maybe I’ll tell you later.”
“Why? Come on. It looks great.”
“You’re not far off Proto. But I think I’ll tell you when it’s done.”

「すごぉい。あれ… サカナ?」
「はは。そーうかもね。」
「え、じゃなんなの?」
「まだ終わってねぇからな、どうしよっかな。」
「教えて。すごくいいから。」
「大丈夫、遠からずだから。でも完成してからにするわプロトに教えるの。」

BACK