The Alley

The monochrome silence of the grey sky and blank city noise is interrupted when a screeching female voice pierces through the dull air.

“Dogs! I can smell dogs. The sewer breeds dogs out here.”
Veekly comes out from an alley followed by the members of the “Death’s Cream”.

“I must be doing well if you’re the one coming after me.”
Troysol responds as he takes his jacket off exposing his cybernetic arm.

Veekly snarls.
“Look at that toy. Wanna play with it?”

Troysol keeps his stare at her.
“Look Proto, free training.”

Veekly sniffs the air around her.
“Yeah, you’ll stink. I’d rather you smell like iron. How ‘bout it dogs?”

Without leaving his eyes from the gang, Troysol utters to Prototype.
“I’ll race ya. Cyan, keep count.”

“Yeah, bite me dog.”
Veekly raises her whip and the Death’s Cream clash with Troysol and Prototype filling the scene with static and blood.

薄い空の色と街の音が作り出すモノクロの静寂。その情景を女の雄叫びが破壊する。

「犬!犬の臭いだ!下水には犬が充満してんだな。」
ヴィークリーがビルの物陰から「デスズ·クリーム」を引き連れて現れる。

「俺が追われる身とは、俺もなかなかのもんだな。」
トロイソーがジャケットを脱ぎ、義手を構える。

ヴィークリーが威嚇する。
「いいオモチャ持ってんな。遊びてぇのか?」

トロイソーは視線の先を変えずに答える。
「プロト、タダで相手してくれる奴らが出てきたぞ。」

辺りの空気を嗅ぎながらヴィークリーが言う。
「やっぱり臭ぇな、おめぇら。鉄の臭いの方が合ってんな。やるか犬?」

ギャングを見据えたままトロイソーはプロトタイプに言う。
「競争するか?サイアン、ちゃんと数えとけ。」

「噛んでみろ、犬。」
鞭を振り上げたヴィークリーに続き、デスズ·クリームがトロイソーとプロトタイプと激突する。辺り一面に閃光と血が飛び交った…。

BACK